【実録】胃が痛い時にコーヒーは飲まないほうがいい。

アウトプット

どうも皆さんこんにちは!
動画クリエイターの木嶌優です。

今日は自分への戒めの意味も込めて
胃が痛い時にコーヒーは飲まないほうがいいという
内容を書いていきます。

僕はそこそこの
コーヒー好きで
朝起きたらマグカップ1杯
お昼にマグカップ1杯
3時のおやつにマグカップ1杯
と、最低でも1日に三倍は飲んでしまいます。

そんなある日、
仕事の疲れからか
急に胃に違和感を覚えました。

そして、数日経つと
その痛みは激しくなり
作業などに集中ができないほどでした。

しかし、そのような状況でも
コーヒーを飲んでしまう僕。

通常が痛すぎるので
コーヒーを飲んだところで
痛いのかどうかもわからないレベルでした笑

ともあれ、
コーヒーは胃に負担がかかるということを
よく聞くので、
コーヒーを飲んでも大丈夫な言い訳を探すと

胃潰瘍の時にコーヒーを飲んでも問題ない。
胃が痛い時はコーヒーを飲むべきなど

インターネットには僕が言い訳にしやすい
甘い言葉が踊っていました!!

なんだ安心じゃないか!

と思いコーヒーを飲み続けていたのですが
ある日、豆が切れて飲めない日がありました。

すると、おや?胃の調子が少し落ち着いている気がする(痛いけど)

試しにガスター10を飲んでみたり。

あっという間に快調に近い状態に戻りました、、、
しかし、薬が切れると(ヤク中みたい、、、)
また少しずつ痛みが戻ってきます。
再び、ガスター10を飲みました。
すると少し落ち着きました。

コーヒーを飲まずに
こんなことを続けた3日間。

ようやく少し落ち着いてきて
薬がなくても胃の痛みを感じなくなってきたので
僕は意気揚々とコーヒーをマグカップに入れました←
そして、胃に気を使い牛乳を多く入れて

お久しぶりのコーヒー(牛乳)に胸を踊らせ
飲みました。

数分後、、、

あれ?

なんか、胃が、、、

うん。

痛い。

あああ、、痛、痛いいいい、、、、

となってしまい。
ガスター10を飲んで落ち着いてきたので
ブログに書いています←

インターネッツには甘い言葉が踊っていますが
一度、コーヒーを飲もうもんなら苦い思いをすることは
間違い無いでしょう。

そもそも何故『胃』が痛くなるのか

そもそも胃痛の原因はなんなのか、
あらゆる原因が考えられますが、
中でも多いのは
日々のストレスや飲酒、暴食などによって
胃酸の分泌量が増え、胃を傷つけてしまうというものです。

これはあくまで
僕調べなので、他の原因も多く考えられます。

胃酸というのは
胃そのものを溶かすほどの
強い酸性で
正常な時は胃を守る粘膜と
胃酸による消化作用のバランスが取れており
胃酸が胃を攻撃してしまうことはないのですが、
ストレスや過労、飲酒など様々な要因で
胃に負荷がかかると
そのバランスが崩れ、攻撃が優勢になることによって
胃潰瘍という状態になってしまいます。
また、胃潰瘍になると高い確率で
ピロリ菌も発見されているので検査することをオススメします。(僕もしなきゃ)

といった感じで、
胃痛の原因は主に生活習慣に当たることがあります。
そして、胃を傷つける原因は『胃酸』にあるとも言えますね!

第一に生活習慣を見直して見ることも必要でしょう。

胃酸とコーヒーの関係。

胃痛の原因として胃酸が多くなり
胃の粘膜を破壊することで起きる胃潰瘍がありますが、

コーヒーを飲むことで胃酸が多くなるのでしょうか?

結論から言うと
多く摂りすぎなければ問題ない。です!笑

コーヒーと言うよりも
コーヒーに含まれるカフェインという物質が
胃酸の分泌を促進してしまうので
胃痛がある場合は先ほども書いたように
主な原因が胃酸であるため飲まないほうが良いとされてきました。

しかし、適量(コーヒーカップ1杯くらい)なら
胃の調子を整える作用もありますので飲んでも大丈夫なようですね。

ただし、実録ですから、
胃痛があって少し落ち着いてきたかなぁという時に
コーヒーを飲むと痛みがぶり返してきます。

これは一個人の体験談として
受け取って欲しいのですが
少し飲むことは考えたほうが良いかもしれませんね!

問題はカフェインにあるので
コーヒーの気分を味わいたい人は
ノンカフェインのコーヒーを摂取して
気分を落ち着かせるというのも一つの手でしょう。

まとめ

インターネットで知り得る情報の中では
少しなら飲んでもいいけど
飲み過ぎはやばいよやばいよ、
という感じでした。

僕は飲まないほうがいいと思います。
特に痛みに弱い方は、、、

1日でも早く完治して
コーヒーを飲みたいです。

そして、この記事は
あくまで僕の主観に基づいての内容なので
一部医学書などを参考にさせていただきましたが
科学的根拠は一切ありません。
参考程度にしていただければと思います。

それでは最後まで
ご熟読いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました