生きているということ

 

今日はただのブログです。

生きていること、それは死があるということだと思います。

最近、ニュースで不特定多数の人を大きく巻き込んだ事故や
通り魔殺人などの悲しい報道を目にします。

今まであまり取り上げられていなかっただけで
本当はこのようなことが頻繁に
”平和な日本”で起っているのかと思うと
心が苦しくなります。

一連の事件や事故で亡くなった方には
心よりご冥福をお祈りします。

僕がなぜ今日ブログを書いているかというと
自分のために、この感情を残したいと思ったからです。

一連の報道を見ていると『死』がすぐにそばにあるのだと感じます。

日々の当たり前を繰り返す生活の中で
その感覚というのは極めて薄れてしまっていたりします。

でも、すぐそばに
次の瞬間かもしれないし
明日かもしれない。
そんな距離に死があるということを感じます。

いつどこでかは誰にも分かりません。

これは誰にでも共通して言えることですよね。

もしも自分が明日死ぬかもしれないなら
家族への感謝を忘れないだろうし
好きな人へ伝えたい言葉を伝えるだろうし
友人やお世話になった人たちに
精一杯の誠意で感謝を伝えたいです。
そう思うと、誰かと出会えたこと
その出会った人たちを大切にすること
それがめちゃくちゃ大事だと感じます。
当たり前のことですが
大切にするということは難しいでしょう

でも至極単純なことだなぁと感じます。

ちゃんと伝えること、言葉にすること
それが大切なことなのだと感じます。

 

逆に自分ではなく
その大切な人たちが事件や事故に巻き込まれて
命を落としてしまったらどうでしょうか。

僕はめちゃくちゃ後悔すると思います。

まだ何も返せてないし伝えられてないし
悔しくて悔しくてたまりません。

『ありがとう』や『ごめんなさい』、『愛してる』
いつも少し照れ臭かったり、
言わなくても伝わってるだろう
っていう言葉をちゃんと声にしていこう
と、最近のニュースを見て思いました。

これらは誰にでもできること

言えるうちに伝えたいなぁ

そんな気持ちが込み上げてきたので
今日ここに綴らせていただきました。

改めて事故や事件に巻き込まれて
命を落とした方々
そして、そのご家族、ご友人、御親戚の方々
多くの人の悲しみが1日でも早く安らぎますように。
心よりご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました